すし処 めくみの求人情報(正社員/アルバイト・パート)

Silver受賞店寿司百名店2022選出店

すし処 めくみ

石川県 野々市市 / 寿司

4.5

~¥49,999~¥49,999

8席

  • 食べログ評価 3.5以上
  • 個人経営
  • 小さなお店

お店のこだわり

山口尚亨氏(ヤマグチタカヨシ)―高みを目指し続ける孤高の職人
1972年生まれ、石川県山中温泉出身。漆器職人の家に生まれる。銀座の老舗『ほかけ』で9年間の修業を積み、都内の鮨店を渡り歩いた後、石川県・野々市市に『すし処めくみ』を開業。決して立地がいいとは言えない場所だが、今では山口氏の鮨に対するただならぬ情熱を求めて全国から鮨通が訪れる。「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」では二つ星を獲得。第3回料理マスターズブロンズ賞にも輝く実力派だ。
本物の素材のみで設えられた、シンプルながらも凛とした空間
石川県・野々市市。駅からタクシーに乗ること約10分。こんな場所にと思わず疑ってしまうほどの住宅街に『すし処めくみ』はある。店は数年前に改装し、カウンターは柾目の檜の一枚板。壁は珪藻土に能登の土を混ぜ合わせ、道具や器に至るまでそこには一切の妥協なし。本物の素材だけで設えられた、シンプルながらも凛とした空間が広がる。山口尚亨氏が軽快に語る底知れぬ魚の知識も、全国からファンが訪れる所以だろう。
地の利を生かし、独自に進化させた「能登前の鮨」
常に最上のネタを求め、毎朝能登・七尾港までの約100kmを車で往復。シャリは米本来の旨みを引き出すため、「ササニシキ」と「ササシグレ」をブレンド。古い江戸前ではお湯から炊く湯炊きが基本だが、ここではそのデメリットを改良した独自の炊き方を採用し、煮切り醤油はネタに応じて2種類を使い分ける。魚のたんぱく質や、米のデンプンなどの理論を徹底的に研究した緻密な仕事で見事、能登前の鮨を実現した。

口コミ

ピックアップ口コミ

4.5

4.3

日本海の恵みを楽しむ

『The Tabelog Award Gold・Silver』を何度も獲得されている名店「すし処 めくみ」さんに再訪致しました。 場所は石川県野々市。JR「野々市」からタクシーで10分程のところにあります。 この時期だったので訪問も考えましたが、金沢は美術館のガラスが割れたりしたそうですが、現在お店屋さん自体は営業している事を耳にしたので伺いました。 (個人的には石川県でホテルに泊まったり、買い物したりとお金を落とすことも大事だと思っています) 今回いただいた料理の内容は以下の通りです。 ○蟹粥 ○紅ズワイ蟹と蟹みそ ○新湊のズワイカ蟹と蟹みそ ○香梅蟹 ○奥能登メジマグロ藁のたたき ○奥能登のブリ  ○甘海老握り ○能登のブリ握り ○能登のメジマグロ握り ○バフン雲丹丼 海苔佃煮 ○炙りボタン海老 ○北海道の鱈白子軍艦巻き 有明の特級海苔 ○蟹の...続きを見る

written byカフェモカ男

事業者情報

法人名・事業者名すし処 めくみ

店舗基本情報

住所石川県野々市市下林4-48

地図ページへ

交通手段JR野々市駅から:タクシーで1000円、金沢駅東口、片町から:タクシーで25分(片道2500円~3000円)くらい。 / 各社バス 下林(しもばやし)バス停、野々市町コミュニティバス西部ルート・中央ルート 下林郵便局バス停から徒歩約5分
営業時間[月]  定休日 [火]  18:00 - 20:00  20:30 - 22:30 [水]  18:00 - 20:00  20:30 - 22:30 [木]  18:00 - 20:00  20:30 - 22:30 [金]  18:00 - 20:00  20:30 - 22:30 [土]  18:00 - 20:00  20:30 - 22:30 [日]  12:00 - 14:00  18:00 - 20:00  20:30 - 22:30 ■ 営業時間 [火~土] 18:00~20:30(最終入店) [日] 12:00(最終入店) /18:00~20:30(最終入店) ■ 定休日 月曜・火曜不定休
定休日月曜日
予算

¥40,000~¥49,999

¥40,000~¥49,999

予算
(口コミ集計)

¥40,000~¥49,999

¥60,000~¥79,999

席・設備

席数8席
求人情報
会員登録不要、約30秒で完了!