KUNISAWA BREWINGの求人情報(アルバイト・パート)

KUNISAWA BREWING

東京都 港区ビアバー、ダイニングバー、居酒屋

求人情報

お店のこだわり

こだわりが詰まった空間で、至福のひとときをお過ごしください
1920年代のテーラーをイメージした店内に一歩踏み入れると、栃木県の大谷石で仕上げた壁、無垢材で設えた床やテーブルとイス、素材にこだわったお洒落な空間が広がります。ハイテーブルでスタッフとも目線が近く、気軽に会話が楽しめるのも嬉しいところ。テーラーが服を仕立てるように、「ビスポーク」を意識してお客様に最適なものを誂えます。良いものに囲まれて、素材を生かしたビールと上質な食事をお楽しみください。
《新橋×自家醸造ビール》素材の味を感じる一杯をどうぞ!
クラシックスタイルにこだわり、厳選された素材を生かす製法でビールを仕上げている当店。仕込みは店内1階の醸造スペースにてスタッフとオーナー自ら行っています。中でも、2ヵ月かけて作るクラシックラガーはおすすめ◎IBU値高めですが麦芽を100%使用しているため、飲みやすくなっております。そのほか、常時5種類のレギュラービールと、季節限定ビールを1種類ご用意。無濾過ならではの味わいをご堪能ください。
新橋初の醸造所、横置ラガー専用タンクで長期熟成したラガー!
活版印刷や特殊印刷などを手掛けてきた河内屋。紙とインクを駆使して、クラフトマンシップを表現してきました。そんなものづくりのプロとして続けてきた、河内屋の新たな取り組みが『クラフトビール事業』。作り手のこだわりや信念に共感し、素材本来の味わいを大切に。ビールも料理も素材を最大限に生かしました。新橋の新たなアート&カルチャーの発信基地を、クラフトマンシップに共感する人々と共に盛り上げていきます。
《新橋の地産地消》地元から仕入れた食材で作る料理も魅力
お肉は国産肉が主力の『藤川』と鶏肉問屋『加賀谷』、パンは『サンアントン』など地元の老舗から届く食材でおいしい料理をご提供いたします。特に「加賀屋の水郷赤鶏の唐揚げ」、「藤川のむさし麦豚の自家製ハム」、「サンアントンのパンを使ったサバサンド」はイチオシ!その他、ウイスキーに漬けて作る自家製ビーフジャーキーや、揚げ物はスチームコンベクションで仕上げたり調理法にもこだわりました。ビールとご一緒に是非!

口コミ

3.5

KUNISAWA BREWING(夜)@新橋: TOKYO FOODRINK NOTE

「TOKYO FOODRINK NOTE」より抜粋 https://tokyofoodrink.seesaa.net/article/501184079.html 3社前時代からの友人と新橋でビール。 新橋、御成門、汐留の中間あたりに佇むBrewery併設のビアバー。 汐留から歩いてみたが、いつもながらこの辺りは不自然さを感じる街並み。 週末の20時前にも拘わらず人通りが殆どない。 少し不安を抱きながら地図を頼りに歩いてくると突然別世界のような店構えが出迎えてくれる。 2022年の5月にオープンした店は1階がBreweryとなっており600Lの仕込み釜と9基のタンクが並ぶ。 タンクを横目に階段を上がると2階がビアバー。 TAP正面のカウンターに陣取ってまずは定番のシンバシクラシックラガーを。 当然のようにソーセージ盛り合わせとムール貝のワイン蒸しを注文。...続きを見る

written bymasa84mo10

事業者情報

法人名・事業者名株式会社河内屋

店舗基本情報

住所東京都港区新橋5-31-7 Kビルディング

地図ページへ

交通手段JR新橋駅 徒歩7分 都営三田線 御成門駅 徒歩7分 都営大江戸線 汐留駅 徒歩7分
営業時間【月-金】 17:30-22:30(フード・ドリンク L.O. 22:00) 【土】 15:00-21:00(フード・ ドリンク L.O. 20:30) 【日・祝】 15:00-20:00(フード・ドリンク L.O. 19:30)
定休日無し
予算

¥1,000~¥1,999

¥3,000~¥3,999

予算
(口コミ集計)

¥3,000~¥3,999

席・設備

席数35席

特徴・関連情報

オープン日2022-05-25
求人情報